コンサルタントとしての矜持


[`evernote` not found]

この記事は2分で読めます

6月に入っても毎日晴れて気持ちのいい日が続いていますね。

行政書士 / 人事コンサルタントの酒井です。先月もその前もそうだったのですが、6月も幸いなことに、素晴らしい方との出会いに恵まれていると感じる今日この頃です。

出会いにより、刺激を受け自分を高めるチャンスとアイデアを頂き、職場に帰りそれを形にしていく。また、受け取るばかりでなく、自分も恩返しに何ができるか必死に考え、それもできることから形にしていく。そんなことを意識して過ごしています。

本日は、いわゆる「コンサルタント」(士業も含む)にとっての大事なことは何かについて書いていきたいと思います。

当然、『専門性』『コミュニケーション』『結果』など挙げることができますが、私が最近の出会いで改めて認識したことは、『再現性』という観点です。

具体的には、コンサルタントのアドバイスやプロジェクトについて、前記の『結果』等が伴うのは当然であり、その結果が、一過性のもの・偶然性によるものではなく、再現性をもって顧客に残していかなければならないということです。

言い換えれば、顧客の成功までのプロセスを真に体系化・ノウハウ化してコンサルティングを組み立てていく。その為には、根拠が明確に必要となり、コンサルタント個人のあいまいな経験則だけでなく、様々なファクトや事例、時には科学を根拠に築き上げていくことになります。

それにより、顧客に対して真の価値(一過性ではなく継続的に続く価値)を提供でき、またコンサルタント自身にも品質アップと対応領域の拡大に繋がると感じます。

自分の経験則だけに頼るコンサルティングだと、どんなに経験豊富な方でもこの広いビジネス社会の中ではとても小さい範囲になります。そこをどれだけ広げていくか、しかも運や曖昧性のある根拠ではなく、再現性を顧客に提供できるくらいの熟成されたレベルで。これが真のコンサルタントの視点ではと感じます。

幸いなことに、コンサルタントは職業柄、体系化・ノウハウ化前の様々な「成功事例」に出会うことができます。(成功している経営者さんや、トップ営業マン等々)

その出会い毎に、「その成功はなぜできているのか?それに再現性を付けるためにはどの行動がキーなのか?・・・等々」考えていけば、コンサルタントの血肉になっていき、力がついていく。

そう考えるとコンサルタントという仕事って、本当にいいですよね。

私も、度々このブログで『根拠づけ』について考えてきましたが、その根拠の『質』について考えを深めることができた出会いでした。

この場を借りて気づかせて頂いた真のコンサルタントの方に感謝を伝えたいと思います。

ありがとうございました。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です