ドローン飛行許可 審査基準


[`evernote` not found]

こんにちは。天気がいい日が続いていますね。

天気がいいと空を見上げることが多くなる酒井です。使い古された話ですが、空を見上げると自分の存在(時には悩みも)が小さく感じますよね。・・・そんな冒頭から、前回に続いてのドローン飛行申請についてです。

前回記載した通り、飛行物体であるドローンには安全面から規制があります。

そこで、飛行は許可制となっています。

ただ規制といっても、国家戦略として推進していますので、いわゆるガチガチではなく、申請毎にケースバイケースで柔軟な対応を受けることが可能な状況です。(日本、2017年現在)

許可が出るかどうかの基準についても国土交通省が公表しています。

リンク 無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領

ただ一般の方はこの長く、図表がない文章から、理解し適正な申請をするもは、なかなか大変だと思われます。

なので、審査基準の構造を整理してみました。(下記クリックで画像ビューで開きます)

上記のような構造となっています。

詳しくは、事務所HPにもアップしていますので気になる方はそちらもご覧いただければ幸いです。

行政書士 酒井真人 事務所ドローンページ (リンク)

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です